なぜ水を飲み過ぎるとだめなの?

なぜ水を飲み過ぎるとだめなの?

理由1:むくみの原因になる

水の飲み過ぎは細胞を潤わすどころか逆に水浸しになって細胞の伸縮機能が狂ってしまいその結果体がむくんでしまいます。これが水中毒です。正しい飲み方は、汗をかくであろう前(風呂前や寝る前・運動前)にコップ1杯飲むことです。なんでもかんでも飲めば良いというわけではないことに注意です。

 

理由2:水中毒

水中毒になると体がむくみはじめ悪心・痙攣・嘔吐などの症状が出ます。最悪昏睡状態になります。やはりなんでも飲み過ぎは毒だということです。適切な飲み方で、健康にな体を作りましょう。

 

水の正しい飲み方は?

上記でもご紹介しましたが、汗をかくと予想できる前に飲むことです。寝汗や風呂上がり、運動した後など汗をかくタイミングは予想できるでしょう。そういった前に水を200mlゆっくり飲んでください。ポイントはこまめに少量を飲むということです。

 

出来れば寝る前・朝起きてすぐ・お風呂に入る前は意識して飲んでみてください!