<詐欺>安いウォーターサーバーを選んで損した私の体験談

安いウォーターサーバーの5つの条件とは?

ノルマの条件は要チェック!

ノルマなしの宅配水の方が良いですが、その場合でも他の料金が高い場合もありますし、ノルマがない宅配水はRO水の宅配水に限定されますし、代わりにレンタル代が掛かることも多いです。ノルマがない宅配水の場合、他に掛かる料金(レンタル代が高くないか?・メンテナンス費用が掛からないか?等)を注意しながら見る必要があります。ノルマがある場合の最低条件は、30日単位で注文できるかどうか?をチェックすることです。

 

料金は一部を見るな!

ウォーターサーバーは、レンタル代・水代・電気代・配送料・電気代など発生する料金の種類が多いです。安そうに見えてもこの中の一部だけを誇張していることも多いです。要は、総合的に見ましょうってことです。賢い方法として、1か月単位で合計してどれくらい料金が掛かるのか?を目安とすることです。

 

見逃しがちな解約料の最低条件

解約料はどこの宅配水会社も設けています。中にはクリクラのような一切解約料が掛からないところもあります。(私が調べた結果クリクラ以外ありませんでした。)よって、解約料はしっかり調べる必要があります。最低条件として、1年以上利用したら無料になるかどうか?をチェックしましょう。ウォーターサーバーは長い期間利用する家庭が多いですが、1年以上だと怪しいもんです。宅配水の相場も1年が目安となっているようです。解約料が無料にならない宅配水は論外です。

 

不在時の対応は宅配水選びで重要!

宅配水を利用していると、急用などでどうしても配送される日に家に居ることができないこともあります。そういった場合でもきっちり対応してくれるか?を確認する必要があります。いくらリーズナブルなウォーターサーバーでも最低限サービス内容が充実していないと、利用していて不快ですからね。

 

故意ではない故障・不良品の交換

ウォーターサーバーを長期間利用しているとサーバー本体が故障したり、ボトルの水の味がいつもと違う場合もあります(天然水では季節や温度で変化します・害はありません)。そういった場合に無償で交換してくれるのか?はかなり重要です。最初は安くても後々払う金額が増えるのは、長期的にみたら格安なウォーターサーバー選びも本末転倒です。

 

上記条件を満たすウォーターサーバーを厳選選出!